トップ > 焼酎 > 小玉醸造

小玉醸造

全13件




 
 
生産者情報
 



 
小玉醸造合同会社

一途に醸す。





宮崎の県南部、日南市の飫肥(おび)にある焼酎蔵。飫肥は城下の町並みや雰囲気を多く残す情緒のある所で、県内外はもとより、多く海外からも観光の方々が町を散策に訪れます。

蔵の歴史は二つあると言えます。

現杜氏【金丸潤平】の実家は宮崎市で金丸本店という造り酒屋を営んでいました。明治時代から味噌や醤油そして清酒に焼酎を造っていた五代を数える蔵でした。しかし小学生の頃に他の蔵と合併しその蔵は無くなってしまいました。

小玉醸造はもとの屋号を冨士屋という江戸時代に創業した歴史ある蔵です。かつての飫肥藩主・伊東家発祥の地である伊豆にちなみ冨士という芋焼酎を造っていました。時を経て平成に入ると蔵はしばらく休造状態にありました。

金丸潤平氏は現代表である父・金丸一夫に同じく東京農業大学農学部醸造学科で学びました。卒業後は埼玉にある清酒蔵・宮崎に戻り二つの焼酎蔵で修行。その後2001年に家族で宮崎県日南市に移り住み、小玉醸造を継承しました。

二十一世紀の幕開けとともに新しい焼酎造りが再び始まりました。二つの蔵の歴史の続きを胸に蔵のテーマである「一途に醸す」を背中に日本の文化そして國酒である焼酎を皆さまに届けられるよう蔵人全員で取り組んで参ります。



小玉醸造では昔ながらの方法による手造りの焼酎を製造しています。