HENRI GIRAUD
アンリ・ジロー


アンリ・ジローの歴史は、ルイ13世統治下の1625年までさかのぼります。

良質なブドウの産地として知られていたシャンパーニュ地方でも、グラン・クリュに認定されているアイ村は昔からとりわけ評価が高く、17世紀にワイン造りが始まった頃には多くのメゾンがアイ村のピノ・ノワールを手にいれようと苦心したといいます。

そんな中、1625年に創業者フランソワ・エマールがアイ村に畑を購入したことから、シャンパーニュ・アンリ・ジローの長い歴史は始まりました。









まもなく創業400年を迎えようというアンリ・ジローは現在の姿になるまでに数々の危機に直面しました。

その中でも19世紀中ごろに流行したフィロキセラと、第一次世界大戦の戦禍によりブドウ畑は一時壊滅状態に陥りました。

しかしこの苦難を乗り越えたのが、エマール家の娘と結婚した10代目当主レオン・ジローです。

現当主クロード・ジローの祖父にあたる彼はシャンパーニュ造りの研究に打ち込み、アメリカの台木に継ぎ木するという当時としては最先端の技術を導入しました。

シャンパーニュに多大な情熱と愛情を持つ彼は、絶え間ない努力によって畑を復興させたのです。







レオンの探究心溢れる精神は12代目の現当主クロード・ジローまで絶えることなく受け継がれ、アンリ・ジローは更なる向上を目指しています。

クロード・ジローが1990年にフュ・ド・シェーヌをリリースすると、アンリ・ジローの名は世界中のワイン愛好家に称賛され、名声を博しました。

アンリ・ジローがまだ現在のように広く知られていなかったこの頃、ワイン評論家ロバート・パーカーは次のようにコメントしていました。


「ほとんど人に知られる事のないこのドメーヌは最高のシャンパーニュメゾンだろう。このハウスのシャンパーニュはむしろ蜂蜜味のあるブルゴーニュの白に近い。伝統のオーク樽で熟成されたプレステージクラスの『フュ・ド・シェーヌ』はクリュッグような余韻を持ちながら酸化度がより低く、強いボディを感じさせる。ノン・ヴィンテージ・シャンパーニュの中でもアンリ・ジローは最高峰の一つといえる。」


繊細にして芳醇、エレガントな飲み心地のシャンパーニュ・アンリ・ジローは創業以来390年余りの時を経て新たな歴史を刻み続けています。

アイ村のピノ・ノワールの魅力が存分に味わえる類まれなうシャンパーニュ、それがアンリ・ジローです。






 



トップ > フランス > シャンパーニュ > アンリ・ジロー

アンリ・ジロー

全5件