【2001】ニコラ・ジョリー クロ ド ラ クレ ド セラン NICOLAS JOLY CLOS DE LA COULEE DE SERRANT

商品概要
生産地 フランス/ロワール
ブドウ品種 シュナン・ブラン100%
タイプ 白ワイン/辛口
容量 750ml

熟成の極み【唯一無二の白ワイン】

飲む者を虜にするトップ・キュヴェ。
1130年にシトー派修道院によって拓かれた由緒ある畑。7haの全てをジョリー家が単独所有。栽培、収穫は全て馬と手作業で行われます。2001年はボトリティスを25-30%含みます。
熟した果実、ドライフルーツ、ホワイトトリュフの香り。熟成により複雑味、ヨード香が増し、二コラ・ジョリーの独特の世界が楽しめます。

【テスティングコメント】

2020年の年末にテイスティングさせて頂く機会があり、会場に行くと、この日のラインナップである、ニコラ・ジョリーの他のキュヴェをはじめ、アルザスの名門ヒューゲルなど錚々たるボトルが並ぶ中、ひと際存在感を放つワインがありました。

それがこの「クロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン2001」です。

グラスに注いだ瞬間から、他とは一線を画す色合いと香り。まだまだ経験の浅い私でも「とんでもないワイン」とわかる生命力を感じました。

この日にテイスティングした他のアイテムの記憶が一瞬で飛ぶ程の衝撃を受け、感想をメモっていたノートを読み返して見ると真っ先に「これ本当にシュナン・ブラン!?」と書いておりました。笑

ワインショップの店員として、ソムリエとしては、花梨やアプリコットのような味わいなどとご説明しなければいけないとは思いますが、私が一番お伝えしたいのは、このワインは「ワインの醍醐味」を味わえるという事。

前日に抜栓する事やデキャンタージュを推奨したりと、簡単には振り向いてくれませんし、飲み頃になるまで長い時間を要します。このワインは最初の1杯目と数時間後の1杯とでは「えっ違うワイン?」と思うほど味わいが変化します。

「好き」「嫌い」でわけるのは簡単ですが、この「クロ・ド・ラ・クレ・ド・セラン」は「ワインの奥深さ」「ワインの楽しさ」を教えてくれる1本です。
価格 : 14,058円(税抜12,780円)
ポイント : 140
数量    残りあと6個
 

22,000円(消費税込)以上は送料無料

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ


 
 
生産者情報



 
ビオディナミの伝道師
ニコラ・ジョリー
 

ニコラ氏は、かつてコロンビア大学で経営学修士号(MBA)を取得、その後ウォールストリートで働いていたというビジネスマンでした。モントリオールの金融省に1年半、更にモルガンスタンレーに5年間勤務し、ビジネスの世界で順調に出世していたにもかかわらず、1976年に自らの仕事を辞めてフランスへ帰国。母が運営していたワイナリーを継ぎ、ワイン造りをスタートさせました。

当初は他の生産者同様、ワインコンサルタントのアドバイスを受けて除草剤や化学肥料を使用していましたが、次第に畑に昆虫がいなくなり、土壌も明らかに変質しているのに気づいた彼は、1980年代初頭にルドルフ・シュタイナー氏が提唱するビオディナミ農法を取り入れたブドウ栽培を実践し始めます。 1980年に部分的に、さらに1984年からは全ての畑に導入を開始しました。



この農法を取り入れた当初は、近隣の栽培家から冷やかしや非難を受けることもしばしばでしたが、畑が本来の力を取り戻し、豊かでエレガントなワインが出来るようになると、関心を示す生産者が続々と現れ、ブドウ栽培におけるビオディナミの先駆者的な存在になりました。

かの有名なブルゴーニュの偉大な女神ラルー・ビーズ・ルロワ女史でさえ、彼に影響を受けていると言われるほど。今でこそブルゴーニュ、ボルドーの一流生産者にも導入されるビオディナミですが、フランスで初めてビオディナミをワイン造りに取り入れ成功させたのはニコラ・ジョリー氏なのです。



彼は、「おいしいワインである前に、その土地固有の繊細さを表現した本物のワインでなくてはならない。」というAOC法(原産地呼称統制法)の原点への回帰を提唱。2001年にはビオディナミの団体「Return to Terroir」を創立し、現在は12カ国、約150生産者がこの団体に所属。世界中で栽培者への啓蒙や講演活動を行ない、「ビオディナミの伝道師」と呼ばれています。


 

Coulee de Serrant
クレ・ド・セラン
 

ニコラ・ジョリーはロワールに複数の畑を所有していますが、中でも有名なのが単独所有するクレ・ド・セランです。この畑は12世紀にロワール河の北岸サヴニエール地区に、シトー派修道僧によって植えられた由緒ある畑。1976年からニコラ氏が当主として引き継いでいます。

僅か7haの畑には平均樹齢は40年以上のシュナン・ブランが植えられており、一番古い樹で80年という高樹齢のブドウ樹から複雑で濃縮感あふれる極上の白ワインが産み出されています。

その優れたブドウから造られるワインは、食通の王として有名なキュルノンスキー氏が、『イケムに並ぶ、フランスの5大白ワインの1つ』と評価。ロマネ・コンティや、シャトー・グリエなどと共に原産地呼称名をそのままワイン名として名乗ることができる単独所有畑の中で最高峰のワインとして称えられています。
 



この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません