トップ > 焼酎 > 尾鈴山蒸留所

尾鈴山蒸留所

全14件




 
 
生産者情報
 



 
尾鈴の尾根に雨が降る
やがて湧き出るその水は
自然の理、
人の技により
珠玉の酒となる。

水の湧く山の奥深く
水と森の蒸留所


尾鈴山蒸留所





北に万吉山、南に矢筈岳や黒岳を従える宮崎県有数の山域、尾鈴山塊。その主稜が標高1405.2メートルの「尾鈴山」です。尾鈴山の年間降水量は3000ミリともいわれ、矢研の滝をはじめ、大小30あまりの瀑布(滝)を擁するほど水の豊かな山域として知られています。「酒造りは水に始まる」と古くから世界中で語り継がれてきたように、良質な水を探し求めてたどり着いたのがこの尾鈴山でした。黒木本店の別蔵として尾鈴山蒸留所が開設されたのが1998年。杉、ヒノキ、ブナ、カエデ、ミズナラなどの様々な木々に囲まれ、鳥のさえずりと清流のせせらぎがあたりを包む環境の中で、人と自然が一体となった酒造りがおこなわれています。ここでしか造れない。ここでしか造らない。それが尾鈴山蒸留所の一徹な蒸留酒造りです。






年間3000ミリもの雨が降る尾鈴山。尾鈴山の森に降った雨は地中を幾層も浸透する過程で豊富なミネラルを蓄えます。尾鈴山によって濾過され、磨かれた水はきわめて硬度の低い軟水。喉元を柔らかく通り抜け、さらりと飲み干せるほどおいしい水です。尾鈴山蒸留所では川の上流、水源に近いところから水を引き、その水を仕込み水など蒸留酒造りのすべての工程に使用しています。





木は適度に水分をコントロールしてくれるという特長を持ちます。そのため尾鈴山蒸留所では麹造りをする室や醪を造る桶はすべて木製を使用しています。中でも飫肥杉は江戸時代から船材として重宝されてきたように耐久性が高く、曲げやすいという特性を持つ宮崎県原産の杉。この飫肥杉を用いて嵩の深い桶をつくることで、微生物が活発に活動できる環境を整えることができるのです。



原材料

尾鈴山蒸留所の原料は自家農園「甦る大地の会」を始め、すべて九州で栽培したものを使用しています。自ら育て、自ら収穫した原料だからこそ、その特長を熟知し、十分に引き出すことができる。人と大地がひとつになった理想的な蒸留酒造りが尾鈴山蒸留所ではおこなわれているのです。



手作業

尾鈴山蒸留所では手間のかかる麹や麦芽づくりはすべて手作業でおこないます。職人が室の中に麹を広げ、適温で発酵させます。蒸留酒造りの最先端技術を生かしながらも、手づくりにしか出せない味と品質を追求しています。



蒸留

蒸留酒を蒸留酒たらしめるもの。それが蒸留という工程です。蒸留とは醪を沸点まで加熱し、出てきた蒸気を冷却させて液体にすること。蒸留によって液体のアルコール濃度が高められ、芳醇な香りが焼酎にしっかりと留まる。蒸留は紀元前から伝わる、酒造りの神秘であり、科学です。



新しい蒸留酒

この土地で私たちにしか造れない蒸留酒を造りたい。そのような想いで蒸留酒を造り続けてきた尾鈴山蒸溜所の歴史を振り返ると、それは挑戦の連続であったことにあらためて気がつきます。そもそも焼酎は九州に根づく麹による発酵文化と海外から伝来した蒸留文化が出会うことで生まれ、独自の発展を遂げたもの。今でこそ当たり前のように使われる芋や麦、米なども元をたどれば外来の原料です。そのような長い歴史を経て、知名度や人気が高まった焼酎ですが、私たちは現在の形が完成形であるとは決して思いません。宮崎の豊かな大地や尾鈴山の自然環境とともにさらなる挑戦を続け、変化し続けることで不変の本質が生まれると信じています。発芽した穀物を原料に長期熟成させたウイスキーやさまざまなボタニカルの香りをまとったスピリッツもこの地から生まれる新しい蒸留酒として大切に育てていきたい。土地を愛し、さらなる可能性を追求し続ける姿勢こそが焼酎醸造家としての精神であると私たちは考えています。





▲ 黒木本店はこちら



 



 
 
生産者情報